サムティ・レジデンシャル投資法人

文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ大
  1. ホーム
  2. 投資法人の概要
  3. 投資法人の仕組み

投資法人の仕組み

仕組図

仕組図

運営上の役割 名称 関係業務の内容
投資法人 サムティ・レジデンシャル投資法人 規約に基づき、投資主より募集した資金等を、主として特定資産のうち不動産等資産に投資し、中長期的な観点から運用資産の着実な成長と安定した収益の確保を目指して運用を行います。
資産運用会社 サムティアセットマネジメント株式会社 本投資法人との間で平成27年3月16日付の資産運用業務委託契約(その後の変更を含みます。)を締結しています。
投信法上の資産運用会社(投信法第198条第1項)として、資産運用業務委託契約に基づき、規約(資産運用ガイドラインを含みます。以下同じです。)を遵守しつつ、本投資法人の資産の運用に係る業務、本投資法人が行う資金調達に係る業務、本投資法人への報告業務並びに本投資法人及び本資産運用会社が協議の上別途合意するそれに付随する業務を行います。
機関の運営に関する
一般事務受託者
資産保管会社
みずほ信託銀行株式会社 本投資法人との間で平成27年3月16日付の一般事務委託契約(機関運営事務)、資産保管業務委託契約(その後の変更を含みます。)を締結しています。
投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第4号)として、一般事務委託契約(機関運営事務)に基づき、本投資法人の機関(役員会及び投資主総会)の運営に関する事務等を行います。
また、投信法上の資産保管会社(投信法第208条第1項)として、資産保管業務委託契約に基づき、本投資法人の資産の保管に係る業務を行います。
投資主名簿等管理人 三菱UFJ信託銀行株式会社 本投資法人との間で平成27年3月16日付の投資口事務代行委託契約(その後の変更を含みます。)を締結しています。
投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第2号、第3号及び第6号。ただし、投資法人債の発行に関する事務を除きます。)として、投資口事務代行委託契約に基づき、本投資法人の投資主名簿及び投資法人債原簿並びにこれらに付属する帳簿の作成及び備置その他の投資主名簿及び投資法人債原簿に関する事務、投資証券の発行に関する事務、投資主に対して分配する金銭の支払に関する事務、投資主の権利行使に関する請求その他の投資主からの申出の受付に関する事務等を行います。
会計事務等に関する
一般事務受託者
税理士法人平成会計社 本投資法人との間で平成27年3月16日付の会計事務委託契約を締結しています。
投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第5号及び第6号)として、会計事務委託契約に基づき、本投資法人の①計算に関する事務、②会計帳簿の作成に関する事務及び③納税に関する事務等を行います。
スポンサー
資産運用会社の
親会社
サムティ株式会社(注) 本投資法人及び本資産運用会社との間で平成27年3月27日付のスポンサーサポート契約(その後の変更を含み、以下「スポンサーサポート契約」といいます。)を締結しています。
本資産運用会社の親会社です。
スポンサーサポート契約に基づき、優先的物件情報の提供及び優先的売買交渉権の付与、再開発支援、ウェアハウジング機能の提供、売却先候補者等に関する情報の提供、賃料固定型のマスターリース契約(個々の運用資産について、貸室の一部又は全部が一括して賃貸に供される場合における、当該賃貸借契約をいいます。以下同じです。)の提供、リーシングサポート業務の提供、プロパティ・マネジメント業務の提供、物件管理・運用管理に係るサポートの提供、セイムボート出資、商標使用の許諾、不動産の共同保有の機会の提供、人材の派遣及びノウハウの提供、その他の関連業務及び支援を行います。
本投資法人はスポンサーサポート契約に基づきサムティ株式会社から継続的に不動産信託受益権の提供を受けており、これまでに相当金額の不動産信託受益権を購入しております。
(注) サムティ株式会社は、特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(平成5年大蔵省令第22号。その後の改正を含みます。)第12条第3項に定める本資産運用会社の特定関係法人に該当します。
このページの先頭へ